--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

09

January February March April May June July August September October November December
2008(Sun) 09:22

ショパンによる練習曲Op10-12

ショパンエチュードについて

第12番 cmoll 1831

この曲は左手の細かいパッセージを流暢に演奏する練習曲です。減7から始まって下降するパッセージが目を覚まさせます。ポーランドを出国したばかりのショパンが、旅の途中で、支配されていたロシア軍に対し革命を起こして失敗したという知らせを聞いたとも、ウイーンに滞在しているときにそれによるワルシャワ陥落の知らせを聞いたのがこの曲を生み出したといわれています。左手は、短いスパンのものから大きいスパンのパッセージも出てくるので、意外と大変です。また、左手が大きく出すぎてしまうことがあるのでコントロールしなくてはいけません。ここで右手がおろそかになりがちです。また和音の変化も多々あるのでそれを感じて弾いてみるといいのではないでしょうか。最後のエンディングは4度和音をみせながらCdurの1度にいく、俗にいうアーメン終止です。(ピカルディ)普通はアーメン終止はやさしく終わるために使うのですが、これでもとてもかっこいいです。練習曲のなかで有名な曲に位置します。

世間一般で呼ばれている愛称 「革命



スポンサーサイト

tag: Op.10-12 革命 エチュード ショパン ピアノ

Edit

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 私の音楽手帳 寄り道編-2010-, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。