--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

02

January February March April May June July August September October November December
2007(Sun) 01:04

僕らが生まれたあの日のように

雑談

1993年に厚生省のチャリティーでつかわれたらしい。
レコード会社の壁をやぶり、
USED TO BE A CHILDを結集し、日本版「ウィ・アー・ザ・ワールド」 (We Are the World) ともいわれている。児童環境づくりのためにCD制作をした。その収益金で愛媛県今治市に「風の顔らんど・小島」を創設した。
* 飛鳥涼 (CHAGE and ASKA)
* 小田和正 (元Off Course)
* カールスモーキー石井 (元米米CLUB)
* 玉置浩二 (安全地帯)
* 徳永英明
* 浜田麻里
* 山本潤子 (元赤い鳥、元Hi-Fi SET)

古い曲である。しかし、なぜか、感動するものがある。

何も疑わない すべて受け止めて
君はここへ生まれてくる

君はいつの日にか、僕らの時を越えて
風の顔で 走るだろう

これは、生まれてくる子供に向けてかいたものである。作詞作曲は飛鳥涼さんと小田和正さんが担当。

WELCOME BABY キャンペーンソング

少子化の今の日本に再び必要な曲かもしれない。

さて、今日はミュージックフェア21で徳永英明さんがゲスト出演。もちろん視聴しました。ラジオのコラボ(壊れかけのRADIO)かと思ったら、先月発売されたVOCALIST123の収録曲でした。いいですね。徳永さんの声はまさに圧巻です。

9月に入りました。第2ラウンド開始ですね。クラシック作曲の方は、とうとう間に合わなかったのですが、ゆっくりやってそのうちUPします。
スポンサーサイト

テーマ: なつメロ
ジャンル: 音楽

Edit Comments(0) trackBack(1) |

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-
管理人の承認後に表示されます
【2007/09/15 12:27】

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 私の音楽手帳 寄り道編-2010-, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。