--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

Page up▲

27

January February March April May June July August September October November December
2008(Sun) 22:54

ショパンによる練習曲op.25-5

ショパンエチュードについて

第5番 emoll 1832


この曲は、右手の第1,2指による前打音のための練習曲です。まず、右手のdisとh音をそれぞれ2と5の指で弾かなければなりません。この短6度がとても大変で、同時に5のメロディを美しく表現しなければなりません。さらに、右手の10度の和音を高速につかまなければならないので大変です。また1拍3拍にアクセントがつきやすいのですが、そこを回避して3拍子のリズムを作っていくと聴きやすくなるようです。
またリズムが微妙に変化し、いきなり変わるところとかがありますので、どれも同じにならないようにしたほうがいいみたいです。中間部は旋律的和声的にとても美しいものになっています。Edurのきらびやかでやわらかく、どこか、懐かしい雰囲気が漂います。再現部からは鬼のように245の3和音をつかむところが最後まで続くのでとてもきつかったです。コーダは、鐘の音かまたは、トランペットの勇ましい音を響かせ終わります。
 ショパンのワルツの5番にもありましたように、不協和音が効果的に使用されています。これにより華やかさが増すのではないのかと私は思いました。

一般的に呼ばれている名前:「スケルツォ風」「不協和音」
自分でつけた名前:「港町の楽しい風景と郷愁」

そういえば、自分でつけた名前は一応話しがつながっています。想像してみてください。
↓2番目の編曲バージョンに注目面白いので
まさか、左と右が・・・・ ショパン涙目w
1番目原曲 2番目 ゴドワ(ウ?)スキー版


まじめに。
スポンサーサイト

tag: エチュード ショパン ETUDE ピアノ Op.25-5

Edit

Page up▲

10

January February March April May June July August September October November December
2008(Thu) 20:38

おひさしぶり

雑談

テストやなんちゃらがあり、更新ストップしていました。

さて、きょうは、小学校の先生と再開しまして、いろいろ話していました。



テストが明日で終わると思いきや////////




Edit

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2008 私の音楽手帳 寄り道編-2010-, all rights reserved.
06 | 2008/07 | 08

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。